有限会社サンユニットカンパニー
TOP > 製品紹介 > 塗料
屋外避難誘導標識看板
巻き取り式避難経路看板
避難設備「高輝度蓄光式誘導標識」
高輝度蓄光式誘導標識「壁面用」
消防設備認定品
硬質プレート・高輝度蓄光標識「壁面」
ドアノブ用・スイッチボックス
バンド タグ・ストラップ
コード用 くるくる・ラインひも
ラインひも
蓄光石
蓄光塗料・蓄光ペイント
高輝度蓄光式三角ライン
ねじキャップ

 

製品紹介 塗料


蓄光塗料
蓄光塗料の樹脂タイプ
弊社では、次のタイプの樹脂を使用した蓄光塗料を製造しております。
用途、特長などは以下の通りです。
【アクリル系樹脂】
汎用変性アクリル樹脂塗料。屋内外の様々な自室に使用可能です。乾燥後の塗膜は固くなります。
【ウレタン樹脂】
2液タイプの変性ウレタン樹脂塗料。上記のタイプの塗料より膜性能(耐候性・密着性・強度など)hが優れています。屋外での使用はこのタイプをお勧めします。

塗料缶 200g 500g 1kg
発光色 青・緑
用途 安全・誘導表示
店舗・工場内の危険個所・安全ライン・消火栓・手すり
効果 災害時により停電が発生した場合の安全対策として、避難誘導表示・安全表示として有効です。
特性

耐候性があり、屋外使用が可能です。蓄光顔料は、科学的に安全な無機物なので、紫外線による光分解などの劣化はありません。
長残光性があります。時間の経過と共に減衰しますが、従来の硫化亜鉛タイプの夜光塗料の約20倍以上の残光があります。
暗闇の環境や目の暗順応、塗料塗布の厚みなどによって左右されますが視認可能な時間は約5時間です。
蓄光顔料は比重が非常に大きいため、沈降して固まってしまうことがあります。このような点を改善し、塗りやすくタレにくく顔料が固まりにくくしました。

塗装方法 スプレー吹き(エアガン)が好ましいですが、ハケやローラーでも塗装可能です。
塗装面積 塗装する膜厚にもよりますが、乾装後の膜厚で約200μmをお勧めします。この場合で1kgにて約2㎡程度の面積が塗布できます。
注意点 下地素材の上に必ず白地塗装(色を変える事)をして頂く事により、蓄光能力を高めます。

蓄光ペイント
高輝度 長時間発光塗料
蛍光灯や太陽光の光を吸収し、暗闇で3~6時間発光します。
商品規格 合成樹脂塗料
内容量 8g  発光色 緑
用途 釣り具・工作・アクセサリー
使用方法 釣り具
簡単にハンドメイドで、スプーン、ミノーのチューニング・穂先ウキ・オモリなどのドレスアップや、オリジナル蓄光ルアーが作れます。
工作
ホビーやクラフト・アクセサリー等のポイントに、ハンドメイドでペイント出来ます。


内容量 NET200g
うすめ液 ラッカー・シンナー
塗り時間  約0.4㎡(2~3回塗り)
乾燥時間  夏:約1時間 冬:約2時間

商品名 蓄光塗料 ANSR-20G(グリーン発光)HB014
種類 合成樹脂塗料(アクリル樹脂塗料)
用途 コンクリート、金属、木材、プラスチック(ABS、硬質塩ビ、アクリルなど)
乾燥時間 夏:1時間 冬:2時間 完全硬化時間は、夏:8時間、冬16時間(重ね塗りは、1~2時間以上たってから行ってください)
使用方法 ①塗る面のゴミ、ほこり、油分などを取って下さい。
②必ず白地の上に塗ります。白以外の下地に塗ると発光輝度が減少してしまいます。下地が白以外の場合は、ラッカー系の白色塗料で下塗りをして下さい。
③蓄光材とクリヤーが分離することがありますので、塗料を底から十分にかきまぜて下さい。
④塗料の粘膜が高くて塗りにくい時は、ラッカーシンナーでうすめて下さい。うすめる目安は、ハケ塗りで0~10%、スプレーガンで30~50%程度を目安として下さい。
⑤あらかじめ目立たない部分で試し塗りをして異常がないことを確認して下さい。
用具のお手入れ方法 使用したハケやガンなどは、ラッカーシンナーで洗浄して下さい。
表示成分 ニトロセルロース、キシレン、トルエン、酢酸ブチル、酢酸エチル、MIBK、セロソルブアセテート、IPA
絵表示またはシンボル  
注意喚起語 危険
取扱い上の注意事項 ①すべての安全注意をよく読んでから使用して下さい。
②熱、火花、裸火、のような着火源から遠ざけて下さい。一禁煙。
③保護手袋、保護眼鏡などを使用し、できるだけ皮膚に触れないようにして下さい。
④屋外又は換気の良い場所で使用して下さい。
⑤吸入した場合、空気の新鮮な場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休んで下さい。
⑥眼に入った場合は、直ちに多量の水で数分間洗って下さい。
⑦皮膚に付着した場合、直ちに医師の診断、手当てを受けて下さい。無理して吐かせないでください。
その他の注意事項 ①塗り面積・乾燥時間は、塗装条件により多少異なります。
②容器を密閉して涼しく換気の良いところで保管してください。
③塗料を捨てる場合は火気のない屋外で新聞紙などに塗り広げ乾かしてから一般ゴミとして捨ててください。
④容器は、塗料を使い切ってから捨ててください。        
消防法

第4類 / 第1石油類/危険等Ⅱ / 火気厳禁